スーダン 切除。 WEB特集 女性器切除の痛み

スーダン 女性器切除を犯罪化 統治機構が承認

このため、バシール政権はヌメイリ政権時代から友好的でスーダンの豊富な資源を求めているとの関係を深めて中国企業はスーダンの産油企業2つの最大株主となっており 、で中国からの国連平和維持部隊 も受け入れ、中国の援助で自らの大統領府 も建設するなど経済・軍事両面で両国は密接な関係を持っている。 当日、イブラヒムさんは小さな部屋に連れて行かれた。

もっと

スーダンの儀式、女性器切除とは?長い伝統も禁止!重要な一歩へ

スンナ式女子割礼。 そのほか、に象徴される大規模な所及びダム、(老朽化したポートスーダンからハルツーム間)の建設も中国系企業が受注するなど、極めて濃厚な協力の下、徐々に経済が立ち直る兆しが見られる。 ファラオリック割礼、ファラオ式女子割礼ともいう。 2005年の現行憲法は公用語について以下のように定めている。 女性器切除は死亡記録が残らない田舎のほうで行われることが多いのです。 認識していた副作用は、苦痛(72名)、出産時の困難(81名)、心理的ショック(46名)、排尿が困難になる(49名)などである。 同国法務省は、「女性器切除は今や、犯罪とみなされる」と述べており、最長3年の禁錮刑が科される可能性もある。

もっと

スーダン、女性器切除禁止へ 長い闘いにようやく終止符 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

「」2008年10月21日放送回より。 陸軍 [ ] 主に中国製の武器が使用された。 FGMを受けさせなければ恥になる、結婚できなくなると強硬に主張したそうです。 後遺症としては、、性交時の激痛、性行為への恐怖、、による死亡、感染の危険性などが挙げられる。

もっと

スーダン

女性の外性器を取り去り、性行為で女性が快楽を感じる性感を失わせることで、性感帯を失った女性は自発的に性行為をしなくなり、結婚まで純潔・性を保てると信じられている。 参考文献 [ ]• 実際にこの儀式の犠牲にあった「ハカム・イブラヒム」さんは、わずか7歳にして「女性器切除」の被害に遭われたそうです。 、、、、、、と国境を接し、東はに面している。 筆者の調査協力団体であるSNCTPは、2005年9月にナイル川州アッバラ郊外の村でワークショップを実施し、20名の女性が参加した。 、 ()が結成された。 FGM廃絶支援事業は、基本的に下記の5アプローチに分類される 17。

もっと

スーダンのフェミニストさん、女性器切除を禁止させる事に成功

これら油田の大部分と南北合計の原油確認埋蔵量の約80%が南スーダンに帰属するため、政府は南スーダンに対し高額の原油通過量を要求し、独立後の火種となっている。 を中心に行われる風習であり、のひとつである。 2020年7月13日閲覧。 名称 [ ] 女子割礼、女性性器変質あるいは女性性器の切れ込み Female Genital Cutting 等、この風習を呼び表すために様々な言葉が用いられてきた。 ユニティ州から戦闘を逃れてきた南部系住民2万人を収容している。 スーダンでは、切除(タイプ2)あるいは縫合(タイプ3)によるFGM 4 が主に実施されている。 今回の調査ではまた、FGMをめぐる政府と宗教関係者の混乱が見られれた。

もっと