戦艦 大和 生き残り。 戦艦大和の最期から71年 「お前は若い。頑張って生きろ」上官がくれた命

常夏通信:番外編 戦艦「大和」沈没から75年 元乗員の人生を戦後も左右した「不沈艦」

6月20日、アメリカ軍の攻撃隊に向けて27発を放った。 すると、そばにいた高射長が近づいてきました。 敵艦との距離を測り伝える担当で、甲板から高さ25メートル超の場所にある「測距所」が仕事場となった。 ガダルカナルの第一次ソロモン海戦のとき、一回だけ目的地に突入して軍艦のみ攻撃し、本来目標であった輸送船は沈めていません。 著、発行人『』原書房、1968年。 艦橋でも「今の魚雷は見えなかった…」という士官の報告がある。

もっと

常夏通信:番外編 戦艦「大和」沈没から75年 元乗員の人生を戦後も左右した「不沈艦」

『慟哭の海 戦艦大和死闘の記録』中央公論新社、2017年4月。 1943年12月、大和は陸軍独立混成第一連隊をへ輸送するに参加。

もっと

戦艦大和の生存者

沈没から65年。 様々な資料を検討して沈没点を推定し、広範囲の海底スキャンが行われた。 同時に、後部射撃指揮所(後部艦橋)が破壊された。 「母親から『是が非でも生きて帰ってきなさい。 結局は天皇の義兄にあたる海軍大佐(の兄、当時海防艦艦長)臨席のもとで進水式は行われた。 ホワイト・プレインズ 護衛空母 : 至近弾とはいえ、ホワイト・プレインズは大きく揺さぶられて機関室が破壊された。

もっと

戦艦大和の日常生活

副砲長は艦の序列では上から5番目です。 冒頭は、同書から抜粋した描写で、坪井氏はまさにその場にいた。 護衛駆逐艦からは航行する大和の右舷艦腹が海面上に露出し、左舷甲板が海面に洗われるのが見えた。 の雷撃隊(ハロルド・マッザ少佐)9機は全発射魚雷命中、もしくは4本命中確実を主張した。

もっと

戦艦大和の最期から71年 「お前は若い。頑張って生きろ」上官がくれた命

雑誌『丸』(2015年)にて、当時の羽黒乗組員である石丸法明が鳥海の被弾を羽黒艦橋で目撃した元良勇(羽黒通信長)、被弾した鳥海からの通信を羽黒電信室で受信した南里国広(二等兵曹、信号兵)、および当時の戦艦金剛乗組員3人の証言から、「金剛による誤射だった」という説を提唱している。 この工事と並行して、両舷副砲を撤去し、高角砲6基と機銃を増設して対空兵装の強化を図った [ ]。

もっと

戦艦大和の日常生活

神は軍令部との交渉に入ったが、作戦課長少将は反対であった。 複数方向から多数の魚雷が発射される上に、戦闘機と爆撃機に悩まされながらの対処だったため、巨大な大和が完全に回避する事は困難だった。 たとえば早くから機動部隊の護衛として、あるいは上陸した米軍を艦砲射撃で叩くことに使用されていれば、それなりの戦果を挙げただろう。 後部への魚雷は、空母ラングレー隊の可能性もある。

もっと

それでも日本人はまた戦艦「大和」をつくるだろう〜この国が抱える根本的な宿痾(三田紀房,戸高一成)

戦艦大和はその8日後、12月16日に就航されました。 2番主砲塔は大きく損傷しており、給弾室は斜めに傾斜している。 この戦闘で、大和は主砲弾を32,000mの遠距離から104発発射した。

もっと