シンガポール ビジネス トラック。 シンガポールは、ビジネストラック(短期出張者の入国)を開始するぞ。。。

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

(注)誓約書末尾に記入いただく受入企業・団体の電話番号は、受入責任者と連絡の取れる日本国内の番号である必要があります。 また、ビジネストラックでシンガポールに入国された方が日本への帰国のためにPCR検査を受ける際には、「カバーレター」ではなく、シンガポール政府が発行した Safe Travel Pass「 Approval Letter」が必要です。 搭乗前後の感染防止策も説明され、たとえば空港ラウンジでは携帯端末を使ってアラカルトのメニューをオーダーできる新たな仕組みができたほか、機内食をデジタルメニュー化するなど非接触対応を進めていることを強調した。

もっと

シンガポールは、ビジネストラック(短期出張者の入国)を開始するぞ。。。

更新情報 日時 2020年 発信者 ソースとなるリンク 内容 11月22日 12人の新規感染者が見つかり、通算で58,160人になった。 (7月29日(開始済み))• オンラインで入国カード・健康状態申告を提出 シンガポール到着・滞在中の主な手続き・注意点• 渡航に際し、ICAのオンライン上で健康申告書を受領した後、対象者にはSHNの指示メールを送付しているが、SHN免除の条件を満たしている場合には同メールを無視するよう呼び掛けている。 日本からシンガポールで、隔離免除があるビジネストラック RGL では、引き続き隔離不要です。

もっと

日本とのビジネス往来再開、自宅待機免除

尚、これらの申請をしても全て許可が下りるとは限らず、必要不可欠な重要な渡航とシンガポール政府に判断される必要があります。

もっと

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

ただ免除条件が欠けている人には、SHNを受けてもらう。 2.シンガポール入国時 (1)入国審査時に事前に受け取っている「Approval Letter」の提示が求められます(電子媒体又は写し)。 空港での検査• 今回の規制緩和では、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、カンボジア、シンガポール、韓国、中国、香港、マカオ、ブルネイ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス、台湾が対象となっており、同時に発表された「レジデンストラック」「ビジネストラック」と呼ばれる2つのスキームを通して渡航が可能となりました。 参考: 外務省: 外務省: 外務省:. 万一これらの書類が提示されない場合は入国が拒否される場合があります。 日本又はスキームの対象国にする居住者(第3国国籍を含む)で、日本とスキーム対象国の航空便を利用する者。 RGLは、短期滞在のビジネス関係者が必要な公衆衛生上の措置を取りつつ、入国してから14日間は定められた日程に従うという方式。 )への加入• 既に、ビジネストラックを採用して、短期の出張者の入国を認める政府。

もっと