成層圏 プラットフォーム。 成層圏

ソフトバンクが成層圏通信プラットフォーム「HAPS」の事業化を発表

産学官の連携のもとに研究開発を推進するための開発協議会を開催した。 (2)総論 当初の事業計画における平成15年度の実施目標をほぼ達成した。

もっと

ミレニアム・プロジェクト「成層圏プラットフォーム」最終評価報告書

12月6日に「ソフトバンク」「Y! イ プロジェクトの概要 成層圏に滞空飛行する飛行船(成層圏プラットフォーム)の技術を確立し、温室効果気体の直接観測を行うために、飛行船技術、追跡管制システム及び大気測定システムの開発を行うとともに、成層圏まで到達する技術を実証し、成層圏における温室効果気体を直接観測するための飛行試験と、定点での滞空技術を実証する飛行試験を行う。 彼は1899年1月8日の夜間の観測でも上層で等温層を観測した。 彼は同時に複数個の気球を上げて、確認のための比較観測を行ったりもした。 そんなインフラを目指し、ソフトバンクが人工衛星をLTE基地局として使うシステムを試作した。 三鷹成層圏プラットフォームリサーチセンター 大橋一夫 (おおはし かずお) - 拠点研究推進部門 三鷹成層圏プラットフォームリサーチセンター 専攻研究員(プロジェクト副統括責任者) これでやっと家に帰れる...と。 先週末に行われたハイパーメディア・コンソーシアムのシンポジウムでは、産業技術総合研究所の恩田昌彦主任研究員とPIEの佐藤実社長が実証実験の模様を説明した。

もっと

気球ロボット、成層圏への長い道のり

基地局がダウンしても被災地を圏外にしない。 2018年に起こった北海道胆振東部地震で、モバイル通信の基地局に大きな被害が出たことは記憶に新しいが、成層圏に浮かび電力を自前でまかなえるHAPSならそうした心配は不要。 これを 成層圏偏東風と呼ぶ。 山間部の農場や牧場などでも、IoTのニーズが今後増加すると見込まれているが、HAPSなら、こうした地域でも比較的早く通話エリアにできるし、都市部などの既存エリアでも、モバイルネットワークの空白地帯を低コストで埋めることができる。

もっと

成層圏

一方で2019年にはから航空機型の成層圏通信プラットフォーム「(High Altitude Platform Station)」の事業化が発表されており 、国内の成層圏プラットフォーム事業の流れは完全に途切れたわけではない。 この循環に加えて、夏の極上空では熱圏へ向かう上昇気流、冬の極上空では熱圏からの下降気流が起こっており、これらをまとめてと呼んでいる。

もっと

NICT News

テスラン・ド・ボールとそれを支持するアスマンの結果は、各国の科学者が集まった1902年5月20日のベルリンでの第3回「科学航空国際委員会(the International Committee for Scientific Aeronautics)」の会合で発表された。

もっと